FXのレバレッジとトレード期間の関係を知ろう

FXは無料でトレード専用口座などを作ることができるため、現在副業として開始する人が多くいるそうです。FXでは証拠金を大きく動かすレバレッジという設定がありますが、この設定はリスクなどを考えながら決定するものです。トレード期間との一般的な関係をご紹介します。


FXのレバレッジはトレード期間と反比例

FXではトレード期間が短いものほど、高い設定をする、長期トレードでは設定しない、しても2倍程度など非常に少ない数字で抑えるということが原則となっています。これは、長期トレードほど、寝ている時間などマーケットにアクセスできない時間へのリスクが高まることなどが原因です。急な価値の変動に対して、自分が対応できる範囲のリスクに合わせるということです。


ハイレバ設定の場合は証拠金を最小限にすることも

ハイレバでのトレードを行う場合、口座に置く証拠金そのものも再提言にするという人もいるそうです。この場合スキャルピングなどの、超短時間(場合によっては数分のみのトレード)で利用されるものです。秒単位での売買なので、トレードが終わるまでの時間が短い分、ハイリスクを覚悟の上でハイリターンを求める方法です。そのため、証拠金割れのときの被害も最小限にするというリスクヘッジを行っています。